鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

タグ「団体臨時列車」 の検索結果(1/7)

1   2   3   4   5   6   7   

2019年9月10日

【近鉄】「きんてつ鉄道まつり 2019」を開催!


近鉄では、恒例の鉄道まつりを五位堂検修車庫・高安車庫・塩浜会場で開催します。


20190910_01.jpg


1.開催日時・場所


3会場とも入場無料(最終入場は終了時刻の30分前まで)雨天決行(荒天中止)


1-a. 五位堂会場

場所:五位堂検修車庫・・大阪線 五位堂駅から徒歩約10分

2019年10月19日(土) 10:00~16:00
2019年10月20日(日) 10:00~15:00


1-b. 高 安会場 

場所:高安車庫・・大阪線 高安駅から徒歩約5分

2019年10月19日(土) 10:00~16:00
2019年10月20日(日) 10:00~15:00


1-c. 塩 浜会場 

場所:塩浜検修車庫・・名古屋線 塩浜駅から徒歩約5分

2019年11月2日(土) 10:00~15:00
2019年11月3日(日) 10:00~15:00


2.主な実施イベント


20190910_02.jpg

2-a. 五位堂会場

  • 阪神・近鉄相互直通運転開始 10 周年記念車両の展示
  • 電気作業車両・信号設備の展示・実演・体験
  • 近鉄バス復刻塗装車両の展示
  • 40tクレーンの実演
  • 吹奏楽部の演奏会

20190910_05.jpg

2-b. 高 安会場 

  • 新型名阪特急「ひのとり」PR ブース・・プレミアム車両のプレミアムシートを展示
  • AT カート乗車体験
  • 運転台カットモデル展示(3000 系)
  • 近鉄特急 22000 系 ACE トラバーサー実演

2-c. 塩 浜会場 

  • 新型名阪特急「ひのとり」PR ブース・・プレミアム車両のプレミアムシートを展示
  • 保線材料運搬トロリー・軌陸車実演
  • 架線点検の実演

3.主なグッズ販売


近鉄唯一のステンレス車両で、2012年に廃車になった3000系が鉄道コレクションとして発売されます。また、今年ででデビュー3周年を迎える16200系『青の交響曲』のグッズも発売されます。

20190910_04.jpg



4.五位堂・高安会場間のアクセス向上を図るための取り組み


20190910_03.jpg

4-a.高安駅への急行の臨時停車

近鉄鉄道まつり開催中、高安駅に急行が停車します。詳細は近鉄ホームページで発表とのことです。

4-b.「団体専用列車『あおぞらⅡ』、クラブツーリズム専用列車『かぎろひ』乗車体験ツアー」

五位堂~高安間のシャトル列車を、団体専用列車『あおぞらⅡ』と『かぎろひ』を使って運転します。チケットは、事前に駅の営業所で購入する必要があります。

 実 施 日:
10月19日(土)・・・『あおぞらⅡ』
10月20日(日)・・・『かぎろひ』

4-c.「貸切列車で行く きんてつ鉄道まつり2019 in 五位堂・高安」ツアー

 実 施 日:
10月19日(土)・・・『あおぞらⅡ』
10月20日(日)・・・『かぎろひ』

運行区間:近鉄名古屋~高安駅間の往復


2019年7月20日

【南海】百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念ラッピング編成使用の団臨が運転される


7月20日、南海高野線で、百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念ラッピング編成使用の団臨が運転されました。これは、百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念キャンペーン の一環として開催された、「ハニワ駅長と行く古墳ツアー 」の開催によるものです。

ツアーでは、難波駅から三国ケ丘駅まで乗車した後、古墳周辺を散策する内容となっていました。また当日は、ラッピング編成運行初日ともあって、難波駅では運行開始記念セレモニーも開催された模様です。


このラッピング列車は、明日21日からは南海本線・空港線で運用されるため、貴重な機会となりました。

ラッピングが施された編成は、1000系1003F(狭幅車)6連です。


▼高野線の大和川鉄橋を渡る1003F。泉北7000系のフロンティア号が裏被りしましたが、高野線らしさを演出できたのでよしとしましょうか・・(笑)

20190721_01.jpg


▼難波への送り込み回送の様子です。
今までにない色のラッピング編成なので、目立ちそうですね。


20190721_00.jpg



2019年7月16日

紀勢本線でサロンカーなにわを使用の『紀勢本線全通 60 周年記念号』が走る


7月15日、紀勢本線(きのくに線)で、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体貸切列車『紀勢本線全通 60 周年記念号』が運転されました。

ツアー経路は和歌山~新宮の往復で、往路が14日、復路が15日に運転されています。
牽引はDD51-1183[宮]。サロンカーなにわは所定7両のところ、5両に減車されていました。
ヘッドマークは『紀勢本線全通 60 周年記念』の特製デザインでした。

復路のみ

20190716_01.jpg

特製ヘッドマークはこちら。
和歌山市~亀山間を結ぶ紀勢本線のうち、JR東海が管轄するエリアで最後に開通した区間(三木里~新鹿間)が黒く表示されています。

20190716_02.jpg

2019年6月23日

【京阪】『響け!ユーフォニアム』ラッピング編成の団臨が運転される


6月23日、京阪石山坂本線で、600型『響け!ユーフォニアム』ラッピング編成(617-618)の団臨が運転されました。作品のファン有志による団体です。比叡山坂本で撮影会を行い、石山寺まで1往復しました。道中は、作品内に登場する架空の高校である、北宇治高校OB吹奏楽団による演奏も行われた模様です。

ヘッドマークは、7月2日に誕生日を迎えるオーボエ担当の鎧塚みぞれさんと、映画キービジュアル
デザインのW看板でした。(7月2日までこの組み合わせで掲出されます。)


20190626_01.jpg

20190626_02.jpg

2019年5月12日

大和路線で開業130周年記念の団臨が運転される


5月12日、大和路線で、大和路線のJR難波~柏原間130周年を記念した臨時列車が走りました。

編成は、奈良電車区の201系ND611編成(135-135)で、5月2日より130周年記念ヘッドマークを装着して運転されています。

運転区間は、JR難波~柏原間の往復でした。


▼平野駅では3番線に入線し、約15分間停車しました。 
 運用番号表示は【13臨】で、130周年にあわせた表示となっています。

190512_01.jpg

▼ホームでは、社員さんが電車ごっこ?で使うようなミニ電車が登場して、乗客にグリーティングしていました。

190512_03.jpg


2019年3月31日

【近鉄】つどい号を使用した寿司列車が運転される


3月31日、近鉄大阪線・橿原線・奈良線で、2013系『つどい号』を使用した団体臨時列車『寿司列車』が運転されました。車内では沿線にある名店のお寿司が味わえたそうです。

経路は、五位堂→大和高田→新ノ口短絡線→橿原神宮前→大和西大寺→大阪上本町→五位堂という、大阪と奈良を一周する経路となりました。

前面には特製ヘッドマークと、大型行先看板(2種類)が掲出されました。


20190331_02.jpg

20190331_05.jpg

▼掲出された特製ヘッドマーク
つどいのエンブレムに、『SUSHI TRAIN』の文字、2013系つどい号のイラスト、トランペット・音符も描かれています。車内で演奏もあったのかもしれません。

20190331_08.jpg

▼大型行先看板です。五位堂→橿原神宮前→大阪上本町までは、快速急行デザインでした。
寿司列車、橿原神宮前・大和西大寺経由大阪上本町行きとなっています。

20190331_09.jpg

▼大型行先看板は、大阪上本町から五位堂までは急行デザインとなりました。
今度はつどいエンブレム入りです。 五位堂の五の文字が独特ですね。

20190331_07.jpg

2018年11月23日

【近鉄】道明寺線に特急車使用の団臨が運転される


11月23日、近鉄道明寺線(柏原~道明寺間)に、16000系特急車使用の団臨が運転されました。
これは、柏原市が市制60周年を迎えることを記念した『特急車両で行く道明寺線の旅』ツアーの開催によるものです。また、柏原~道明寺~古市間は、河陽鉄道が1898年(明治31年)に開通させてから今年で120周年を迎えるため、共同でコラボイベントとして企画されています。

車両は狭軌線用特急車両16000系のうち、唯一原色で残るY7編成(16007F)が充当され、特製ヘッドマークも掲出されました。

また、道明寺駅では記念入場券とキーホルダーも発売され、即完売しました。


▼石川の土手横を行く16000系Y7編成。通常は6400系ワンマン編成が往復するこの路線に特急車両が入ったのは初めてでしょうか。

20181123_01.jpg



続きを読む "【近鉄】道明寺線に特急車使用の団臨が運転される"

2018年11月18日

日根野区287系『パンダくろしお』使用の団臨が運転される


11月17日、日根野区287系『パンダくろしお』ラッピング車使用の団臨が運転されました。
経路は和歌山→京都→比叡山坂本→和歌山です。

▼おごと温泉を通過する団臨のパンダくろしお号

20181107_05.jpg


2018年10月21日

奈良区103系使用の団臨が走る


10月21日、奈良区103系を使用した団臨が運転されました。
経路は奈良~(桜井経由)~高田~五条~橋本で、編成は奈良区103系NS404編成(215-216)でした。

運番が39(サンキュー)を表示しており、何らかのメッセージを発してるようでした。


▼快晴の和歌山線を走行する103系団臨 

20181021_01.jpg

2018年9月 8日

【京阪】『シネマトレイン』が運転される


9月8日、京阪中之島線~本線(中之島→出町柳)で団体臨時列車『シネマトレイン』が運転されました。
この団臨は、京都国際学生映画祭のプレイベントとして開催するものです。
車内では過去の入選作品を上映していた模様です。

車両は10000系10003Fが起用され、団体マークと京都国際学生映画祭のロゴが入ったシネマトレインマークのヘッドマーク2枚掲出となりました。

20180908_03.jpg

20180908_04.jpg

2018年2月18日

【阪堺】モ161型使用の『Trysail』団臨が運転される


2月18日、阪堺阪堺線恵美須町~我孫子道間で、団体臨時列車が運転されました。
人気声優ユニット『Trysail』の大阪公演を記念した、ファン有志の貸し切りのようです。

車両はモ161型164号車(青雲車)で、車両の前後には『Trysail』のメンバー3人の似顔絵が描かれた、特製ヘッドマークが掲出されました。

20180218_01.jpg

団臨が運転されたこの週末は、大阪オリックス劇場(元:大阪厚生年金会館)でコンサートがあったようですね。ヘッドマークには、声優の麻倉ももさん、雨宮天さん、夏川椎菜さんの似顔絵と、『祝・出航!! TrySail Second Live Tour "The Travels of TrySail"』と、下部に『2018.2.17・18 大阪・オリックス劇場』の文字が入っています。

20180218_02.jpg

2018年2月17日

281系『はるか号』使用の団臨が湖西線を走る


2月17日、特急はるか号で運行されている281系が、湖西線を走りました。
これは、『特急はるか号で行く日帰りの旅』ツアーの開催によるもので、昨年5月27日のツアーに続く第2弾の設定と思われます。


このツアーは、関西空港から臨時列車に乗り込み、おごと温泉や近江今津周辺にある日本遺産などの観光地を巡るプランが設定されています。


吹雪の大津京を通過する(復路の回送です。申し訳ございません)

20180217_02.jpg

2018年2月17日

【京阪】京阪石坂線でおでんde電車を運転


京阪電車では、琵琶湖汽船と共同で、『おでんde電車』と『汽船deおでん』を実施しています。

『おでんde電車』は毎年冬恒例のイベントとなっており、石山坂本線(石山寺~坂本間)を走る電車に揺られながら、温かいおでんとお酒を楽しめる企画です。

運行は2月24日までの木・金・土となっています。


20180217_01.jpg

2017年12月 4日

【京阪】アートエリアB1の団臨が運転される


12月3日、京阪中之島線・本線で団体臨時列車が運転されました。
これは、なにわ橋駅にある『アートエリアB1』のイベント『鉄道芸術祭vol.7 イベントプログラム 電車公演「電車と食堂とコントと」』の開催に伴うものです。

団臨の経路は中之島→樟葉で折り返し→中之島(参加者はなにわ橋駅で下車)で、車両は『アートエリアB1』のHMを掲出中の1000系1503Fが充当されました。


20171203_keihan_01.jpg

2017年11月23日

【山陽】3000系トップナンバー編成がラストラン


11月23日、山陽電鉄の3000系3000号編成(トップナンバー編成)が、ラストランを迎えました。1964年の製造から今年で53年となり、半世紀以上走り続けたことになります。また、日本初のオールアルミ合金車体であることが評価され、ローレル賞を受賞しています。

3000系は最近まで安泰としていましたが、ここ最近は、新型の6000系に徐々に置き換えが進んでいます。

当日は引退を記念したイベントが催され、3000号編成に姫路~明石~東二見と乗車して、東二見車庫で撮影会が行われるプランとなっていました。

2017_sanyo3000_01.jpg

2017_sanyo3000_02.jpg

当日限り掲出されたヘッドマークです。
ローレル賞を1965年に受賞したことと、さよなら3000 1964~2017の文言入りです。

2017_sanyo3000_04.jpg


鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。

鉄道コム

2017年10月14日

桜井線・大和路線でブライダルトレインが走る


10月14日、JR桜井線(万葉まほろば線)・大和路線で、103系使用のブライダルトレインが走りました。

編成は、奈良電車区の103系NS401編成(167-168)です。奈良を出発し、桜井線~和歌山線を経由して、王寺から大和路線に入りJR難波まで運転されました。大和路線で団体臨時列車が運転されたのは久しぶりのことです。

編成の前後には、103系の前照灯をイメージしたデザインのヘッドマークが掲げられ、mariage 2017.10.14の文言が入っていました。

2910_103extra_01.jpg

2910_103extra_02.jpg

2910_103extra_03.jpg

2017年10月 1日

【京阪】80形復刻塗装車使用の団臨が運転される


10月01日、京阪大津線(京津線・石山坂本線)で、700形(701-702号車、80型復刻塗装車編成)使用の団臨が運転されました。この団臨は、『大津の京阪電車を愛する会』が主催したものです。

運転経路は四宮→浜大津→石山寺→近江神宮前で、懐かしの京津線区間を走行するのが最大のポイントです。なお、近江神宮前到着後は隣接している錦織車庫で撮影会も催された模様です。

700形701-702号車には、80形復刻塗装車ヘッドマークの他に、貸切電車撮影会のHMも併せて掲出され、ダブルヘッドマークとなりました。


かつて準急として運転していた、京津線を走る700形。
懐かしい光景がよみがえってきました。

2910_keihan80_04.jpg


四宮駅の引上げ線。昔はここで80形が折り返していた場所です。
京阪京津線の三条~御陵間が地下化(地下鉄東西線)されてから10年になります。


2910_keihan80_01.jpg


石山寺から近江神宮前へ向かう。


2910_keihan80_05.jpg

今回のイベントの特製ヘッドマーク。
懐かしの80型の写真入りとなっており、編成の前後で異なるデザインのものでした。

2910_keihan80_02.jpg

2910_keihan80_03.jpg

2017年9月 9日

【京阪】石山坂本線で『ビールde電車2017』が運転される


9月9日、京阪石山坂本線で、『ビールde電車2017』が運転されました。
今年で8回目の開催を迎える、毎年夏の恒例行事となっています。今夏は8月26日にも行われています。

今年は派手なラッピングは行わず、700形701-702編成(80型復刻塗装編成)を使用しました。
運転経路は、昼便が浜大津→石山寺→坂本→浜大津、夜便が浜大津→坂本→石山寺→浜大津となっています。

20170909_01.jpg

20170909_02.jpg

2017年5月27日

281系『はるか号』使用の団臨が湖西線を走る


5月27日、281系『はるか号』使用の団体列車が、関西空港→おごと温泉間で走りました。
これは、「はるか車両で行くおごと温泉のたび」ツアーの開催に伴うものです。

普段は走らない湖西線を走行するのは大変珍しいことです。

使用されたのは、281系第5編成でした。

20170527_02.jpg


おごと温泉駅で乗客を降ろし、しばらく待機しています。
駅名と281系と電光掲示板を一緒に撮影。


20170527_03.jpg


特急サンダーバード号と並ぶ、281系団臨。


20170527_05.jpg


特急『はるか号』は、普段は山間部を走行しないため、新鮮な光景となりました。


20170527_04.jpg



2017年4月 9日

紀勢本線で『サロンカーなにわ』が走る


4月9日、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体貸切列車が走りました。これは、「サロンカーなにわで行く きのくに線の旅ツアー」の開催によるものです。

ツアー経路は、往路が和歌山~那智、復路は新宮~和歌山です。
牽引はDD51-1191[宮]。サロンカーなにわは所定7両のところ、5両に減車されていました。
ヘッドマークは往路は「サロンカー那智」の特製デザイン、復路は「特急くろしお号」のデザインを模した、「サロンカーくろしお」のデザインでした。

復路のみ

290409_03.jpg

290409_02.jpg

1   2   3   4   5   6   7