鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

タグ「ヘッドマーク」 の検索結果(1/14)

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   

2017年7月16日

【京阪】宇治川の鵜飼ヘッドマーク掲出


京阪電車では、7月1日からはじまる宇治川の鵜飼に合わせて、一部の編成に「宇治川の鵜飼」のヘッドマークを掲出しています。
ヘッドマークには、海鵜で国内初の人工孵化で誕生したヒナである、『うみうのウッティー』のイラストが描かれています。

掲出編成・・

(本線)
7000系 (7001F)

(宇治線)
13000系(13002F)



掲出期間は、鵜飼が行われる7月1日~9月30日(土)です。


290715_00.jpg

13000系13002F

290715_02.jpg

7000系7001F

290715_01.jpg


宇治川の鵜飼が行われる場所です。
川岸には遊覧船が止まっており、この船に乗って鵜飼の様子を見るようです。
船に乗るか、川岸の観覧席?から見るか。。
(宇治川の増水と天ケ瀬ダムの放流次第のようですが・・・)

290715_03.jpg

2017年7月 4日

【京阪】「比叡山・びわ湖観光ルート」ヘッドマーク掲出


京阪電車では、7月1日から一部の編成に「比叡山・びわ湖観光ルート」のヘッドマークを掲出しています。4月に掲出した春バージョンに続くものと思われます。

ヘッドマークには、琵琶湖と観光船やカブトムシが描かれ、夏の比叡山・びわ湖の文言が書かれています。

掲出編成(大津線)

600形(603-604)
800形(809-810)

掲出編成(本線)

6000系 (6012F)

掲出期間は、7月1日から8月17日(木)です。


20170701_01.jpg

290701_02.jpg

2017年7月 2日

【山陽】山陽電車の話題


1.山陽電車創立 110 周年記念号の運転

山陽電車が2017年7月2日をもって創立110周年を、また須磨浦ロープウェイが60周年を迎えること記念した『山陽電車創立 110 周年記念号』が運転を開始しました。運転開始となった7月2日は、姫路駅で出発式が催されました。

起用されたのは、5000系(5604~5008)編成です。

両端先頭車は、須磨浦ロープウェイのゴンドラのデザインが再現されており、梅田側が赤地に白のアクセントの入った『やまひこ』、姫路側が白地に赤帯の入った『うみひこ』となっています。
車体側面には、須磨浦ロープウェイからの景色や、明石海峡大橋や姫路城など、山陽電鉄沿線の風景などがラッピングされています。車内には、10年前の創立100周年からの振り返りポスターなども掲出されているようです。

ヘッドマークも掲出され、山陽電鉄創立110周年記念柄に須磨浦ロープウェイ60周年柄と、ダブル掲出となっています。さらに、当日は甲子園球場で阪神タイガースの試合が行われたため、球団のトレードマークである虎の副票も掲出されるなど、賑やかになりました。

記念号の運転は、12月末までを予定されています。



290702_01.jpg

290702_02.jpg

290702_03.jpg


2.創立110周年ヘッドマークの掲出

山陽5000系・6000系数編成にヘッドマークが掲出されています。


290702_10.jpg


3.「台湾観光」ラッピング列車『Meet Colors! 台湾』号の運転

山陽電鉄と台湾の台湾鉄路管理局は、2014年に姉妹鉄道協定を締結しています。
このたび、台湾観光局の台湾観光プロモーション「Meet Colors! 台湾」の「ロハス・ロマン・ショッピング・グルメ」4つのテーマをもとに、「魅力あふれる台湾への旅に誘いたい」という想いをこめたイメージを車内外にラッピングし、台湾への観光をPRしています。

起用されたのは、5000系5010F編成です。
6両編成1両1両に異なるカラーとなっており、台湾の様々な景色がラッピングされています。

運転期間は、来年6月4日までです。


290702_04.jpg


4.半夏生ヘッドマークの掲出

夏至から11日目を迎える7月2日は、半夏生(はんげしょう)といわれます。
その日、明石ではタコを食べるという風習があるそうで、様々な催しが行われます。

ヘッドマークには、『明石で夏を乗り切ろう』の文言とともに、明石観光PR隊長パパたこのイラストが描かれています。

掲出編成は、5000系(5611~5022)です。

290702_11.jpg

290702_12.jpg


5.6000系車両が尼崎に現れる

阪神尼崎駅の留置線に、先日から山陽6000系6002編成+6003編成(3+3)が留置されています。
様々な試験を行う模様です。


290702_14.jpg

2017年6月27日

【京阪】7200系に『ぶらり、京阪たび。』ヘッドマーク掲出


京阪電車では、『ぶらり、京阪たび。』のヘッドマークを、本線の一部車両に掲出に掲出しています。
『ぶらり、京阪たび。』は、京阪電車の企画切符のシリーズ名で、主に大阪から京都や琵琶湖方面への観光客向けの切符が取り揃えられています。

(撮影やり直しのため掲載が遅くなりました。すみません)

掲出期間・・6/1~7/31
掲出編成・・
 本線・・7200系 7203編成


290625_01.jpg

290625_02.jpg



2017年5月20日

【京阪】京都地下線 ~東福寺・三条間~ 開通30周年HM掲出


京阪電車では、京阪本線の東福寺~三条間が地下化されてから30年を迎えることを記念し、クイズラリーやグッズの販売などのイベントを開催します。また、一部の編成に、開業30周年のヘッドマークを掲出しています。

30周年記念ヘッドマークの掲出編成は、以下の通りです。

・2200系 2209F
・2600系 2624F
・7000系 7003F
・7200系 7201F
・10000系 10002F

掲出期間は、5/20(土)~10/31(火)となっています。



掲出された地下線30周年記念のヘッドマーク。
絵柄は、思い出の旧3000系です。当時はこの旧3000系が主力でしたね。
小学生のころ、どうやって地下線と地上の線路をつなぐか気になったものでした。そういえば、千歌延が開業後、鴨川から水がトンネル内にあふれ出したことがあったような。。
地下の三条駅は広く、エスカレータを乗り継いで地上へ上がって、残ったままの京津線を横目に・・
(思い出話が長くなるのでここで省略)


290520_00.jpg

続きを読む "【京阪】京都地下線 ~東福寺・三条間~ 開通30周年HM掲出"

2017年4月27日

【叡電】アニメ『NEW GAME!』の新ヘッドマークが掲出される


叡山電車では、700系724号車にアニメ『NEW GAME!』のラッピングを施し、特製ヘッドマークを掲出して運行しています。
このたび、アニメ『NEW GAME!』の2期制作発表に合わせて、4/15(土)より新デザインのヘッドマークを掲出しています。
現在の724号車でのラッピング電車運行は5/2(火)で終了し、ヘッドマークのみ別の車両で掲出する模様です。

・724号車:4月15日(土)~2017年5月2日(火)まで
・721号車:5月3日(水・祝)~5月8日(月)
・722号車:5月9日(火)~12月末日(予定)


主人公の涼風青葉さん。
出町柳側に掲出されています。

20170400_newgame_01.jpg


株式会社イーグルジャンプで飼われている?猫です。
八瀬比叡山口側に掲出されています。


20170400_newgame_03.jpg


アニメ『NEW GAME!』ラッピング電車。


20170400_newgame_02.jpg

20170400_newgame_04.jpg

2017年4月15日

【京阪】ヘッドマークの話題


京阪電鉄では、『春の 比叡山 びわ湖へ』と『水の路(みち)』のヘッドマークを、本線と大津線の一部車両に掲出しています。


1.『春の 比叡山 びわ湖へ』

掲出期間・・4/1~4/30

掲出編成・・
 本線・・2600系 2624~2803編成
大津線・・800系 809-810編成、600形603-604編成

290415_01.jpg


2.『水の路(みち)』

掲出期間・・4/10~

掲出編成・・
 本線・・7000系 7002編成
大津線・・800系 807-808編成、700形709-710編成

290415_04.jpg

2017年4月 9日

紀勢本線で『サロンカーなにわ』が走る


4月9日、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体貸切列車が走りました。これは、「サロンカーなにわで行く きのくに線の旅ツアー」の開催によるものです。

ツアー経路は、往路が和歌山~那智、復路は新宮~和歌山です。
牽引はDD51-1191[宮]。サロンカーなにわは所定7両のところ、5両に減車されていました。
ヘッドマークは往路は「サロンカー那智」の特製デザイン、復路は「特急くろしお号」のデザインを模した、「サロンカーくろしお」のデザインでした。

復路のみ

290409_03.jpg

290409_02.jpg

2017年4月 2日

【南海】ヘッドマークの話題


南海電鉄では、『みさき公園60周年記念』と、『新minapita pointサービス』の2種類のヘッドマークを、一部の車両に掲出しています。

みさき公園は昭和32年(1957年)に開業し、今年で60周年を迎えました。
そのことを記念し、みさき公園開園60周年記念イベントの一環としてHMが掲出されています。
このHMは、『みさき公園動物サポーター制度』で5万円コースで申し込むと、プレゼントされるそうです。

南海線・・
高野線・・6200系 6253F


290402_02.jpg

290402_01.jpg


新minapita pointサービス

既存のミナピタカードと、なんばパークスなどのポイントカードのサービスを統合した、新minapita pointサービスの開始を告知するHMを掲出しています。

南海線・・9000系 9011F
高野線・・6200系 6252F

290402_04.jpg


290402_03.jpg

290402_05.jpg


追伸:南海電鉄では、4月1日から昼間でも前照灯を点灯するようになっています。
今までは標識灯のみでしたので、安全性を高める一環なのかもしれません。



2017年3月27日

【京阪】春の行楽シーズンに合わせた臨時列車を運転


京阪電鉄では、3月18日から春の行楽シーズンに合わせた臨時列車を運転しています。3/18~4/9の土休日と4/29~5/7の土休日に、臨時快速特急【洛楽号】や臨時特急の運転や、洛北にある観光地への連絡列車が設定されています。また、この期間中は快速特急【洛楽号】は8000系で、臨時快速特急【洛楽号】&臨時特急は3000系で運転されます。


淀屋橋8:54発 急行出町柳行き&淀屋橋9:00発 快速特急出町柳行き
→比叡山連絡の看板が掲出されています。出町柳で、叡山電車の八瀬比叡山口行き【きらら】に乗り継ぐことができます。


290318_01.jpg

290318_02.jpg

淀屋橋9:20発 特急出町柳行き&淀屋橋9:30発 快速特急出町柳行き
→4/29(土)より、大原連絡として運転します。出町柳で、大原行き特急バスに乗り継げます。

290318_03.jpg

淀屋橋9:48発 臨時快速特急【洛楽号】出町柳行き
→2/25ダイヤ改正で洛楽運用に入った3000系が、臨時列車として登板しています。

290318_05.jpg


淀屋橋9:50発 特急出町柳行き&淀屋橋10:00発 快速特急出町柳行き
→鞍馬・貴船連絡の看板が掲出されています。出町柳で、叡山電車の鞍馬行き【きらら】に乗り継ぐことができます。

290318_06.jpg

290318_07.jpg


淀屋橋10:18発 臨時快速特急【洛楽号】出町柳行き
→2/25ダイヤ改正で洛楽運用に入った3000系が、臨時列車として登板しています。

290318_08.jpg



淀屋橋10:20発 特急出町柳行き&淀屋橋10:30発 快速特急出町柳行き
→鞍馬・貴船連絡の看板が掲出されています。出町柳で、叡山電車の鞍馬行き【きらら】に乗り継ぐことができます。

290318_09.jpg

290318_10.jpg

夕刻に、出町柳発中之島行きの臨時特急が運転されています。
車両は3000系です。
出町柳発・・・17:12・17:42

290318_12.jpg



2017年3月26日

【京阪】9000系に20周年看板が掲出される


京阪電鉄の9000系に、20周年記念のヘッドマークが掲出されています。
これは、1997年のデビューから、今年で20周年を迎えることを記念したものです。

9000系は、特急停車駅の増加による混雑に対応するために登場しました。
当時の車内はセミクロスシートで、座席の転換はできず、狭かったのを覚えています。
2008年からはロングシートに改造され、新塗装化されました。
最近は5編成のうち1編成を残して7連化され、一部の中間車は10000系に組込まれています。

HMは5編成すべてに取り付けられています。
掲出期間は9月30日まで。


20170326.jpg

20170327.jpg

20170326_03.jpg

2017年3月20日

福知山線・山陰本線で『サロンカーなにわ』が走る


3月18~20日、宮原所のジョイフルトレイン『サロンカーなにわ』を使用した団体貸切列車が走りました。これは、「サロンカーなにわで行く 山陰の旅ツアー」の開催によるものです。

ツアー経路は大阪~福知山~米子で、往路は夜行、復路は昼行として運転されました。
牽引はDD51-1191[宮]。サロンカーなにわは所定7両のところ、5両に減車されていました。
ヘッドマークは往路は「急行だいせん号」のデザイン、復路は「寝台特急出雲号」デザインでした。

復路のみ

20170320_01.jpg

20170320_02.jpg

2017年3月12日

JR東西線開業20周年記念列車が運転される


3月12日、JR東西線で、JR東西線開業20周年記念列車が運転されました、
これは、1997年3月12日にJR東西線が開業して20周年を記念したものです。

車両は321系D5編成が起用され、編成の前後に特製ヘッドマークが取り付けられました。
321系にヘッドマークが掲出されるのは初めてのことになります。
運転区間は、放出~(回送)~京橋~甲子園口間で運転されました。

その他、東西線開業20周年を記念したイベントが、北新地駅で行われていました。


JR東西線では、パンタグラフをもう1基上げて運転します。
その姿を尼崎駅で撮影しました。

290312_01.jpg



290312_02.jpg


掲出された特製ヘッドマーク。
春といえば桜。大阪造幣局の桜の通り抜けをイメージしたデザインになっていますね。
地下を走るJR東西線もしっかり描かれています。

290312_03.jpg

続きを読む "JR東西線開業20周年記念列車が運転される"

2017年2月27日

【近鉄】『1810系重連満喫ツアー』が開催される


2月26日、近鉄名古屋線・山田線・鳥羽線・志摩線・大阪線で、1810系(電略記号:H)を使った『1810系重連満喫ツアー』が開催されました。これは、1810系が登場から50年になったことを記念するものです。

1810系は、1967年に登場し43両が製造されています。
現在残っているのは、2両編成が2本(富吉)と、中間車2両(高安)のみとなっています。

今回のツアーでは、1810系に単に乗車するだけではなく、普段は入線しない志摩線・大阪線で重連シーンを撮影できるのが大きなポイントとなっています。

ツアー経路は、桑名→(1810系乗車)→中之郷~(鳥羽水族館付近で撮影)~中之郷~五十鈴川→(1810系乗車)→伊勢中川~(普通列車で移動)~伊勢石橋(撮影)~(普通列車で移動)~伊勢中川→(1810系乗車)→桑名となっていました。


*九鬼公園(鳥羽城址)から俯瞰する1810系重連。

280226_01.jpg


志摩線内の駅で折り返して、五十鈴川へ行く1810系を後追い撮影。
タイミングよく、観光列車『つどい』も顔を出しました。


280226_02.jpg


伊勢中川の引上げ線で一度待機する1810系重連。


280226_03.jpg


伊勢石橋の雲出川鉄橋を渡る、1810系重連。


280226_04.jpg


桑名駅北方にある引上げ線で待機する1810系重連。


280226_05.jpg


今回のツアーヘッドマーク。

280226_06.jpg

2017年2月25日

【京阪】快速特急【洛楽】の車両が3000系に変更


京阪電車では、2月25日にダイヤ改正を実施しました。
快速特急洛楽号の平日運行や、8000系の全編成の7連化などが主な内容となっています。


また、快速特急洛楽号は、本日より3000系コンフォートサルーンでの運転となりました。
洛楽ヘッドマークも、毎日運転になったことを告知するものが用意されています。

290225_01.jpg

290225_02.jpg


このダイヤ改正より、淀屋橋駅・出町柳駅で行われていた、特急車両の入れ替えが廃止されています。乗車位置に停車して乗客を降ろした後、一度扉を閉めて座席転換をしてから乗車になります。

*気づいたこと

快速特急【洛楽】と快速急行の普通追い越し駅が変更になっています。

快速特急・・深草から丹波橋
快速急行・・丹波橋から深草





2017年2月11日

【神戸の5鉄道】神戸開港150年記念ヘッドマークを掲出


山陽電鉄・神戸電鉄・神戸市営地下鉄・北神急行・神戸新交通は、1868年に神戸港が開港してから150周年を迎えることを記念したヘッドマークを、各車両に掲出しています。




150周年のシンボルマークです。


290204_12.jpg


ジャズ、サッカー、ビール、ケーキ・・外国のあらゆるものが、神戸港から入ってきたことを表すデザインです。


290204_13.jpg


ヘッドマークを掲出している5社局のうち、山陽・神戸市営・北神急行の3社局のヘッドマーク掲出車両を撮影できましたので、その3社を以下で紹介します。




続きを読む "【神戸の5鉄道】神戸開港150年記念ヘッドマークを掲出"

2017年1月29日

【京阪】響け!ユーフォニアム2とのコラボレーション企画始まる


京阪電車では1月21日より、アニメ『響け!ユーフォニアム2』とのコラボレーション企画が始まりました。

今回のコラボレーション企画では、アニメ聖地巡りアプリ『舞台めぐり』を利用したデジタルスタンプラリーの実施の他、キャラクターがデザインされたクリアファイルの配布や等身大パネルの駅への設置などが行われています。

このコラボレーション企画をPRするため、13000系13005Fと大津線600形619-620に、特製ヘッドマークが掲出されています。


290129_01.jpg


大津線600形619-620(響け!ユーフォニアムラッピング)にもHMが掲出されています。
車体横の告知ステッカーも、今回のコラボ企画のものに張り替えられています。


290129_02.jpg

290129_03.jpg


今回のコラボレーション企画のヘッドマーク。
キャラクターの私服姿がデザインされています。


290129_04.jpg

2017年1月 7日

【北神】初詣ヘッドマークが掲出される


兵庫県の新神戸と谷上間を結ぶ北神急行電鉄では、7000系車両に初詣ヘッドマークを掲出しています。
ヘッドマークには、同電鉄のマスコットキャラクターである「北神弓子(きたがみ きゅうこ)」さんのイラストと、迎春の文字・神社の背景となっています。掲出されているのは、新神戸・谷上側の先頭車で、西神中央側の先頭車には、安全輸送ヘッドマークが掲出されています。


掲出期間は1月10日までとなっています。


290107_01.jpg

290107_02.jpg

290107_03.jpg

2017年1月 1日

【近鉄】臨時急行『開運号』の運転がはじまる(2017年)


近鉄南大阪線(大阪阿部野橋~橿原神宮前間)で臨時急行『開運号』が運転されています。

『開運号』は、正月三が日に大阪阿部野橋~橿原神宮前間で運転される列車で、『開運号』のヘッドマークを掲示しています。ヘッドマークについては、従来通りです。

初日である1日は、復刻ラビットカー塗装車の6020系6051Fの他に、KIPS広告車の6020系6049Fが登場しています。その他には、6020系6045F、6600系6603F+6400系6404Fが運用されていました。毎年運用入りしていた、6820系シリーズ21の重連は、定期列車の運用でした。

ダイヤは以下の通りです。

往路・・・・大阪阿部野橋10;00発~15;00発 (30分間隔)
復路・・・・  橿原神宮前10;52発~15;52発 (30分間隔)

1月3日まで運転されています。

ラビットカー

290101_02.jpg

KIPS広告編成

290101_03.jpg


6600系+6400系のブツ4


290101_04.jpg

2016年12月31日

【阪急】2017年初詣・西国七福神HM掲出開始


阪急電鉄では、年末年始にあわせて『2017年初詣』と『西国七福神』のヘッドマーク掲出を開始しています。ヘッドマークは神戸線・宝塚線・京都線の一部車両に取り付けられています。

→初詣ヘッドマーク
2017年の鳥年にあわせたデザインとなっています。

→西国七福神ヘッドマーク
9000系と七福神のイラストが描かれています。

12/29現在、HM掲出を目撃した編成は以下の通り。

京都線・・9300F(初詣)、3331F(西国七福神)
宝塚線・・1006F(西国七福神)、8005F(初詣)
神戸線・・5012F(西国七福神


掲出期間は、『2017年初詣』が1/7(土)まで、『西国七福神』が1/31(火)まで。
阪急の場合は終了日数日前より取り外すことがあるので、撮影はお早めに。

詳細は【レールファン阪急】へ。


2017年初詣ヘッドマークのアップ。

161229_11.jpg


2017年西国七福神ヘッドマークのアップ。


161229_10.jpg



続きを読む "【阪急】2017年初詣・西国七福神HM掲出開始"

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14