鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

タグ「ニュースリリース」 の検索結果(1/3)

1   2   3   

2018年11月30日

JR神戸線に通勤特急『らくラクはりま』デビュー


JR西日本は、JR神戸線で新たな通勤特急の運行を開始すると発表しました。

  • 愛称:『らくラクはりま号』
20181130_01.jpg

  • 運転区間・・JR神戸線の姫路~大阪駅
  • 停車駅・・姫路、加古川、西明石、明石、神戸、三ノ宮、大阪
  • 所要時間・・姫路~大阪間で約1時間
  • 運転本数・・平日のみ1往復
朝通勤時間帯・・姫路→大阪 1本
通勤時間帯・・大阪→姫路 1本

  • 車両形式・・289系6両




271031_01.jpg


先日の新快速Aシートに続いて、新しい有料座席提供サービスが登場しました。
この『らくラクはりま』は、既に大阪~草津・米原間で運転されている『びわこエクスプレス』のJR神戸線版のような形態ですね。大阪~姫路間は山陽新幹線が並行していることから、京阪間に比べて特急の本数が少なく、山陰方面発着の特急のみとなっています。その新幹線も、新神戸・新大阪に到着するので、神戸の三宮や大阪の都心部に出るにはやや不便です。
それだけに、大阪駅発着で座席指定の『らくラクはりま』は人気が出るのではないでしょうか。

車両は289系で、青帯の『くろしお号』に使用されている編成となっています。
運用に対して本数が多いのか、京都総合運転所で昼寝している姿をよく見かけますので、有効活用するのでしょうね。

2018年11月13日

おおさか東線の直通快速が新大阪へ!


11月13日、2019年春に全面開業する『おおさか東線』の運行体系が発表になりました。

『おおさか東線』は現在、久宝寺~放出間のみの運転となっています。来年春からは、新大阪まで延伸され、新たに南吹田・JR淡路・城北公園通・JR野江の4駅が新設されるほか、学研都市線と並行する鴫野駅は、新たにホームが増設・改築されています。

『おおさか東線』の現在の運行体系は、久宝寺~放出の線内のみ運転する『普通』と、奈良からおおさか東線を経由して京橋・北新地・尼崎へ向かう『直通快速』の2本立てとなっています。

来年春の全面開業後は、『普通』と『直通快速』の2本立ては変化しませんが、運転区間や本数、停車駅が変更されます。

『普通』・・・久宝寺~放出~新大阪 (おおさか東線各駅に停車)
『直通快速』・・奈良~(大和路線)~久宝寺~(おおさか東線)~放出~(おおさか東線延伸区間)~新大阪 *JR河内永和と高井田中央に新規停車

これに伴い、『直通快速』のJR東西線経由の尼崎発着は廃止になります。また、土休日ダイヤでは、朝夕に新大阪行きと奈良行きが2本ずつ運転され、新大阪から奈良への観光に使えそうです。

所要時間は、以下の通りです。

  • 新大阪~奈良間・・・おおむね60分
  • 新大阪~久宝寺・・・(普通)おおむね35分
  • 新大阪~放出・・・・・(普通)おおむね20分

新たな『直通快速』の大まかな発車時間は以下の通りとなっています。



平日ダイヤ

  • 新大阪着7:00~8:30頃   おおむね30分に1本運転
  • 新大阪発17:30~20:30頃  おおむね30分に1本運転

土休日ダイヤ

  • 奈 良発   8時台・  9時台 2本ずつ運転
  • 新大阪発 17時台・18時台 2本ずつ運転

  • 新大阪発 10時台・11時台 2本ずつ運転
  • 奈 良発 16時台・17時台 2本ずつ運転

土休日ダイヤの新大阪発が少し遅いような気もします。奈良まで1時間かかるのであれば、8時台か9時台発がほしいところです。

気になる車種は現状の207系もしくは321系の7両編成となります。このおおさか東線の全面開通で、奈良や東大阪市内から、新大阪へのアクセスが格段に便利になり、混雑する都心部を経由せずに行けるという大きなメリットが生まれます。







おおさか東線経由直通快速の新旧比較表
  旧ダイヤ 新ダイヤ
全日 平日 土休日
運転区間 奈良~久宝寺~放出~尼崎 奈良~久宝寺~放出~新大阪
運転本数 朝:尼崎行き4本
夕:奈良行き4本
朝:新大阪行き4本
夕:奈良行き4本
朝:新大阪行き2本
朝:奈良行き2本
朝:尼崎行き4本
夕:奈良行き4本
夕:新大阪行き2本
夕:奈良行き2本


▼尼崎駅で発車を待つ直通快速。来年春は新大阪発着となり、尼崎からJR東西線では見納めになる。車両は207系F1編成。

201811113_01.jpg


▼三郷駅を通過する直通快速。来年春は新大阪発着となり、尼崎行きの表示は見納めに。

201811113_02.jpg

2018年10月24日

新快速に有料座席サービス「Aシート」を導入


2018年10月24日、JR西日本は、JR京都線・琵琶湖線・JR神戸線を走る新快速の一部に、有料座席サービス『Aシート』を導入すると発表しました。


20181024-1-4.JPG


以前、6月ごろに有料座席導入の計画があると新聞報道がありましたが、正式の発表となりました。
その時の記事はこちらです。↓





有料座席『Aシート』の詳細はこちらです。


1.ロゴ


アルファベットの【A】に、横から見た座席のデザインを組み合わせていますね。
金色が脚・座席・背もたれ、青色がそれぞれ後脚と手すり?を表してると思います。

20181024-1-1.jpg







2.車内サービス



座席配列は2列&2列で、全46席が提供されます。

  •  リクライニング機能、テーブルつき座席の設置
  •  内装の工夫による、落ち着きのある空間の提供
  •  全席にコンセントを設置 (JR西日本在来線の普通車としては初)
  •  無料Wi-Fiサービスを提供
  •  荷物スペースを設置

20181024-1-2.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

有料座席にふさわしい設備・サービスが提供されるようですね。
大好評の京阪特急プレミアムカーを意識したのかもしれません。

荷物スペースは大きい荷物を持ってるときはありがたいですね。
乗務員さんは運転室スペースで執務されるのでしょう。

車内イメージとしては、瀬戸大橋線の快速『マリンライナー号』で活躍したクロ212形のような雰囲気だと思います。

20181024-1-3.jpg

なお、新快速の223系は3扉ですが、この『Aシート』では2扉になるため、中間の扉は埋められるようです。この部分の座席に当たると、車窓を楽しめない可能性があります。JRの例として、小浜線や加古川線で運用中の125系がそのような形状をしています。125系は223系相当の車体をもち、片側3か所の扉を設置できるスペースはありますが、中間の扉部分は使用していません。

20181024-1-5.jpg

20181024-1-6.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.車両・本数


車両・・223系1000番台 2編成のうち2両を改造
運転区間・・JR京都線・琵琶湖線・JR神戸線
運転本数・・1日上下線合わせて4本

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転本数が1日で2往復のみということから、試験的なサービスということがうかがえます。そのため、新車の導入ではなく、まずは新快速用としては最古参の223系1000番台を改造して、需要や要望を見極めたいということなんでしょう。

この1000番台車両は1995年の製造からすでに20年を超えているため、体質改善工事の時期がやってきます。その際に原状復帰させれば、万が一この有料座席サービスが失敗しても改造工事のコストが最小限に済むということなんでしょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


4.料金・利用方法など


料  金・・500円
利用方法・・空席があれば着席して乗務員から乗車整理券を購入
支払方法・・現金・ICOCAなどの交通系ICカード

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

500円は京阪プレミアムカーと同等ですね。米原や姫路からだと、新幹線自由席より安いのでお得に感じます。ICOCAで乗車整理券を購入できるのも便利ですね。ICOCAポイントの対象になればいいのですが。

ただ、この有料座席Aシートは、乗車して『空席があれば』着席ができるサービスなので、乗車したはいいが満席の場合はどうなるかが気になりますね。JR東日本の東海道線や横須賀線、常磐線、東北本線、高崎線で走っている列車に連結されているグリーン車自由席のように、グリーン料金を払っても座れない上に、立ち席でも料金が必要になることはないかと思いますが、この点が気になるところですね。
レストランのように、駅停車のたびに乗車希望のお客さんに何名様まで乗れますと案内するのでしょうか?それも面倒のような気がしますが、今回は試験的なサービス故、システムの構築までは難しかったのでしょう。一番トラブルにならないやり方としては、昔の『やまとじライナー』や『はんわライナー』、『びわこライナー』のように、駅ホームで乗車整理券を売るやり方があります。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

サービス開始日、運転区間、運転時刻などの詳細については、決まり次第発表になるようで、今から楽しみですね!

2018年5月15日

【近鉄】フリーゲージトレイン導入か?


5月15日、近畿日本鉄道は、フリーゲージトレインの実用化に向けて開発を進めるというニュースリリースを発表しました。

近畿日本鉄道は、路線長・車両数とも大手私鉄で最大を誇っており、標準軌(1435mm)・狭軌(1067mm)・特殊狭軌(762mm)という3種類の線路幅の路線を持っていることでも有名です。


標準軌(1435mm)・・

難波線・奈良線・京都線・橿原線・天理線・生駒線・田原本線
大阪線・名古屋線・山田線・鳥羽線・志摩線・鈴鹿線・湯の山線

狭軌(1067mm)・・

南大阪線・吉野線・長野線・道明寺線・御所線・(伊賀線・養老線)

特殊狭軌(762mm)・・

(北勢線・内部線・八王子線)

()内は、他社譲渡あるいは第三セクター


上記にあげたように、標準軌と狭軌の路線が存在するため、両路線の間を行き来する際は乗り換えが必要になります。その駅とは、南大阪線・吉野線と橿原線のターミナル『橿原神宮前駅』です。




続きを読む "【近鉄】フリーゲージトレイン導入か?"

2018年3月 7日

和歌山線・桜井線に227系導入


3月7日、JR西日本は、2019年春からJR和歌山線・桜井線に新型車両を導入すると発表しました。同時に、車両内に『車載型IC改札機』を設置し、奈良県下の全てのJR線とJR和歌山線がICOCAエリアとなります。

JR和歌山線・桜井線(一部紀勢線)に導入される新型車両は227系です。
227系は現在は広島地区で活躍しており、近畿地区では初登場となります。

導入される車両数は56両(2両編成×28本)となっています。日根野電車区新在家派出(吹田総合車両所日根野支所の新在家派出所)には105系2両編成が48両、117系4両編成が20両配置されていますが、これがすべて227系2両編成で置き換えになります。


20180307_jrw.jpg

JR西日本ホームページより。

この227系の特徴として、安全性・快適性・利便性を追求した点があげられます。

安全性・・車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロの設置、戸挟み検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)、とっさの際に掴まりやすい形状・オレンジ色調の吊手、手スリの採用

快適性・・多機能トイレ・車椅子スペース・LED照明・自動温度調節による空調の最適化

利便性・・ 車載型IC改札機の設置や、車内ドア上部の情報表示装置による行き先案内、自動案内放送(日英2カ国語対応)

車両デザインとしては、227系はもちろん225系100番台・521系の最新版とよく似ています。塗装は緑色となっており、これは奈良・和歌山エリアに共通する文化・歴史・自然の奥深さを表現した色となっています。塗装配置は225系100番台・521系とよく似た、車両先頭部から側面まで続くタイプとなっています。

車載型IC改札機は、列車の扉に改札が設けられたようなイメージとなっています。列車の乗車時にICカードをタッチし、降車時にICカードをまたタッチすることになります。バスと同じですね。

続きを読む "和歌山線・桜井線に227系導入"

2018年1月12日

【近鉄】新型名阪特急発表!


1月11日、近畿日本鉄道は、大阪と名古屋を結ぶ名阪特急に、次世代の新型名阪特急を導入すると発表しました。現在の21000系・21020系『アーバンライナー』の置き換え用となります。




20180112-1-1.png

外観デザインは、アーバンライナーの流線型の形状を受け継ぎ、先進的でスピード感あふれる形状となっています。塗装は伝統の近鉄特急色であるオレンジの色はなく、透明感のある深い赤を車体全体に纏っています。近鉄特急で赤い車体といえば、伊勢志摩ライナーのうち3編成が該当しますが、それよりも強烈なインパクトを与えそうです。側面を見ると、なんとなく50000系観光特急『しまかぜ』によく似てると思います。『しまかぜ』をビジネス用など多用途に使える車両としてリメイクしたのが今回の新型特急ではないかと思います。



1. 運行開始時期:2020年春(予定)
2. 運行区間 大阪難波~近鉄名古屋間
3. 新造両数 6両編成×8編成、8両編成×3編成 計72両

20180112-1-2.png
21000系アーバンライナーデビュー当時と同じく、特別料金が必要な特別車両が2両組込まれています。当時は名古屋側2両がデラックスシート車でしたが、今回はなんと両端先頭車にハイグレード車両が設置されているのが特徴です。



ハイグレード車両の概要

  • 全席3列シートで、後部座席のお客さまに気兼ねなくリクライニングしていただけるバックシェルを設置
  • 大きなガラスで見晴らしの良いハイデッカー構造
  • 前面の大きなガラスで左右に広がる印象の前方展望を実現
  • 本革を使用した座席で前後幅130cm【日本最大級】 (アーバンライナーよりも25cm広く確保)
  • 電動リクライニング、電動レッグレスト
  • 高さ・角度調整機能付きヘッドレスト
  • 横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションを設置 

快適な座席に座りながら、前面展望や側面景色を楽しめるのはうれしいですね。50000系特急しまかぜ号では先頭に非常用貫通路があるので、ワイドな展望とはいきませんでしたが、今回は完全な非貫通型なので、景色が良く見えそうですね。


20180112-1-4.png


中間車両(レギュラー車両)

  • 全席にバックシェルを設置
  • 座席前後幅は116cm【レギュラー席としては当社最大】
  • ガラス製の荷棚と仕切扉を用いた開放感のある車内 

20180112-1-6.jpg


その他には

・全車に大型荷物を収容できるロッカー等の荷物置き場と空気清浄機を設置、
・無料インターネット接続サービス(無料Wi-Fi)
・全席にコンセントを設置
・車内表示器は日本語の他、英語などの外国語対応

・座席以外でくつろげるユーティリティスペースを設置、
・紫外線、赤外線をカットする大型窓を採用、
・衝突事故時の安全に配慮した車体設計 

・・となっています。


この次世代特急は、『くつろぎのアップグレード』がテーマとなっており、今までの車両より快適な設備となります。
例えば、日本初となる全席バックシェルを備え、座席の前後幅を広く確保されています。今まで座席を後ろに倒そうにも、後方に座ってる人に気兼ねしてしまうという意見が多かったようで、これなら安心してリクライニングできますね。

20180112-1-5.png


まだ名称や特急料金は未定とのことですが、産経新聞によると値上げも検討されてるようで、安い料金で快適に移動できるのがウリの近鉄特急なので、値上げは勘弁してほしいところです。

豪華設備満載の新型名阪特急、実車の登場が待ち遠しいですね。

==================================================================

今回の新型特急車両登場で、気になるのが21000系『アーバンライナーPLUS』・21020系『アーバンライナーNext』の動向です。

2005.04.09-13.26.09.jpg

21000系『アーバンライナーPLUS』は、1998年(昭和63年)に、21020系『アーバンライナーNext』は、21000系のリニューアルに伴う車両不足を補うため、2002年(平成14年)にデビューしました。以来名阪甲特急を主な活躍舞台(名阪乙・名伊・阪奈にも入る)としてきましたが、この動画によると、新型車両導入に伴い、乙特急(停車駅の多い特急)中心の運用になるようです。




今回の新型特急は72両製造されますが、その数は21000系『アーバンライナー』と同じ両数(6両・8両の編成数も同じ数字)です。となると、21020系『アーバンライナーnext』と合わせても名阪甲・乙特急は十分賄えますので、汎用特急を使用している系統にも進出する可能性があります。現在、西大寺検車区からの出庫に合わせて運用されている阪奈特急(大阪難波~近鉄奈良)をはじめとする、大和西大寺を中心とする系統(阪奈・京奈・京橿)で運用されるのではないかと思われます。

こうなってくると、必然的に旧型車両が淘汰されるわけで、現在近鉄特急最古参となっている12200系スナックカーがその対象となってしまいます。

P1290480.jpg

新型車両の登場により残り74両(4両編成17編成、2両編成3編成)となっておりますが、新型名阪特急の製造により、現行アーバンライナーシリーズが汎用特急系統に進出すると、2020年には全廃となる可能性が大です。長年おなじみの車両・塗装ともお別れということになり、さみしいですね。


2015年1月20日

【阪急】宝塚線でダイヤ改正


阪急電鉄では、2015年3月21日に宝塚線のダイヤ改正を行います。

ダイヤ改正日:3月21日(土・祝)
対象ダイヤ:平日・土休日

1.通勤特急の新設[平日]

  川西能勢口始発の通勤特急を新設し、10両編成で運転します。
  始発駅が7:22発~8時27分の間に、16分間隔で5本運転されます。
  「通勤特急」の停車駅・・川西能勢口・池田・石橋・豊中・十三・梅田(通勤急行と同じ)

2.特急(日生エクスプレス)のスピードアップ[平日]

  日生中央発梅田行きの特急(日生エクスプレス)は、川西能勢口駅での増結作業を中止
  (10両→8両)するため、1分スピードアップします。


3.種別の整理[平日]
  
  通勤急行を急行に変更します。これにより、雲雀丘花屋敷駅で行っていた増結作業がなくなります。
  通勤準急を準急に変更します。
  
4.[平日昼間][土休日]

  一部駅間で所要時間を見直し、約50秒~10秒スピードアップします。


阪急電鉄発表資料

続きを読む "【阪急】宝塚線でダイヤ改正"

2013年12月22日

JRグループ、26年3月17日にダイヤ改正


JRグループでは、2014年(平成26年)3月17日(土)にダイヤ改正を行います。


★ 新幹線

東海道・山陽新幹線

1.『みずほ』号1往復増発・停車駅追加
 
  『さくら569号』(新大阪16:59発)と『さくら546号』新大阪行き(鹿児島中央8:43発)を、『みずほ』号に格上げします。この改正で、『みずほ』号は4往復になります。また、先日の格上げされた1往復と、『みずほ601号』(新大阪6:00発)、『みずほ610号』(鹿児島中央19:49発)が新たに姫路駅に停車します。

2.自動販売機廃止

東海道・山陽新幹線を直通する列車車内の自動販売機が廃止になります。
また、自動販売機のないN700A系が、ダイヤ改正前に運転を開始します。

3.東海道新幹線でのぞみ号を増発

一部の時間帯に限られていた、『のぞみ』10本ダイヤが拡大します。
利用客の多い時期に10本目の臨時列車を運転します。

4.一部のひかり号にN700系を投入します。

岐阜羽島・米原に停車する『ひかり号』に、N700系を投入します。
そのため、所要時間が3分短縮されます。また、その後続を走る『のぞみ号』も3分短縮されます。


★ 在来線(特急列車)


1. JR京都線・琵琶湖線

   特急『びわこエクスプレス』を増発
   
  列車名:びわこエクスプレス2号
   運転区間:大阪20;36発→京都21:05発→草津21:27着
   車両:キハ189系

2.福知山線

   特急『こうのとり2号・4号・6号』が、新たに西宮名塩駅に停車します。
   4号の時刻が10分早くなり、大阪駅8:39着になります。

3 山陰本線

   特急『きのさき4号・まいづる2号』の時刻を繰上げて、二条駅・京都駅の到着が早くなります。    特急『きのさき1号』の京都発が8:36になり、福知山駅で『こうのとり1号』と連絡します。
   京都から城崎温泉へは17分早くなりますが、大阪からは4分遅くなります。


★ 在来線(アーバンネットワーク)


1.桜島線(ゆめ咲線)・大阪環状線

  平日朝に、大阪環状線からの直通列車と、西九条~桜島間のシャトル列車を1本ずつ増発。
  なお、8時台と9時台の大阪から内回り電車が1本ずつ削減されます。
  そのほか、利用状況に応じて一部列車の運転が取りやめとなります。

2.阪和線

  紀州路快速の各駅停車運転時間を拡大します。

  紀州路快速の日根野~和歌山間は、朝夜のみ快速運転となっています。
  このうち夜の21時以降も各駅停車に格下げとなります。
  また、土休日は一部列車の運転が取りやめとなります。

3.大和路線

  昼間の快速の一部が取りやめになります。

  JR難波~王寺間を運転している『快速』のうち、
  天王寺11:34発~15:19発と王寺11:10発~15:10発が運転取りやめとなります。 
  始発電車の時間が遅くなります。
  王寺発4:30→4:36(天王寺5:06着)、JR難波発4:51→5:12(王寺5:48着)になります。

2013年1月26日

【近鉄】2013年ダイヤ変更の詳細発表


近畿日本鉄道では、2013年3月17日(日)に行うダイヤ変更の詳細を発表しました。

新型特急『しまかぜ』の運転開始や、特急の停車駅追加や時刻変更が行われます。
一般列車は、種別・運転区間変更が主な内容となっています


A:特急列車の増発・停車駅の追加

A-1:特急『しまかぜ』運転開始

★大阪難波⇔賢島(平日)
大阪難波10:40⇒大阪上本町10;44⇒鶴橋10;46⇒大和八木11;11⇒伊勢市12;15⇒宇治山田12;20⇒鳥羽12;31⇒鵜方12;55⇒賢島12;59
賢島16;00⇒鵜方16;05⇒鳥羽16;30⇒宇治山田16;41⇒伊勢市16;43⇒大和八木17;51⇒鶴橋18:14⇒大阪上本町18;17⇒大阪難波18;19

★大阪難波⇔賢島(土休日)
大阪難波10:20⇒大阪上本町10;23⇒鶴橋10;26⇒大和八木10;54⇒伊勢市11;59⇒宇治山田12;02⇒鳥羽12;16⇒鵜方12;41⇒賢島12;46
賢島16;00⇒鵜方16;05⇒鳥羽16;30⇒宇治山田16;42⇒伊勢市16;44⇒大和八木17;51⇒鶴橋18;14⇒大阪上本町18;17⇒大阪難波18;19


★近鉄名古屋⇔賢島(平日)
近鉄名古屋10;25⇒近鉄四日市10;54⇒伊勢市11;40⇒宇治山田11;44⇒鳥羽11;58⇒鵜方12;21⇒賢島12;26
賢島15;40⇒鵜方15;45⇒鳥羽16;10⇒宇治山田16;21⇒伊勢市16;23⇒近鉄四日市17;17⇒近鉄名古屋17;47

★近鉄名古屋⇔賢島(土休日)
近鉄名古屋10;25⇒近鉄四日市10;54⇒伊勢市11;40⇒宇治山田11;44⇒鳥羽11;57⇒鵜方12;20⇒賢島12;25
賢島15;40⇒鵜方15;45⇒鳥羽16;11⇒宇治山田16;23⇒伊勢市16;25⇒近鉄四日市17;14⇒近鉄名古屋17;44

『しまかぜ』は水曜日が運休日ですが、以下の日の場合はは運行します。
平成25年・3/27・4/3・5/1・7/31・8/7・14・12/25
平成26年・1/1・8

A-2:特急の一部が伊勢市駅に停車

土休日ダイヤにおいて、阪伊・名伊甲特急が伊勢市駅に停車します。新たに停車する特急列車は次の通り。
  • 大阪難波9;20発賢島行・・・大阪上本町発から大阪難波発に変更されていますね。
  • 賢島15;00発大阪難波行
  • 近鉄名古屋9;25発賢島行
  • 賢島14;40発近鉄名古屋行

A-3:特急運転区間の変更

★平日
  • 桑名6;16発大阪上本町行特急を、近鉄名古屋5;58発に変更。
★土休日
  • 大阪難波10;05発特急宇治山田行を、賢島行に変更。
  • 近鉄名古屋1010発特急宇治山田行を、賢島行に変更。
  • 宇治山田16;13発近鉄名古屋行を、賢島発に変更。

A-4:特急発車時刻の変更(平日)

  • 津7;53発特急上本町行を、7;00発に変更。

B:一般列車

B-1:大阪線関係(平日)

  • 上本町6;15発鳥羽行快速急行を宇治山田行に短縮。
  • 上本町6;53発・8;52発青山町行快速急行、上本町7;15発宇治山田行快速急行を急行に格下げ。
  • 青山町5;55発上本町行快速急行を削減。
  • 名張発上本町行急行を、17時~20時に毎時1本増発。

B-2:南大阪線関係(平日)

  • 河内長野6;40発・7;26発大阪阿部野橋急行を準急に格下げ。
  • 富田林7;11発大阪阿部野橋行き準急を急行に格上げ。
  • 6時台の富田林発大阪阿部野橋行準急を増発。
  • 古市23;46発橿原神宮前行を削減。
  • 尺土0;05発近鉄御所行を削減。
  • 近鉄御所0;06発尺土行を削減。
  • 橿原神宮前8;51発吉野口行を削減。
  • 吉野口9;29発橿原神宮前行を削減。


詳細は近鉄発表資料をご覧ください。

2012年12月22日

JRグループ、25年3月16日にダイヤ改正


JRグループでは、2013年(平成25年)3月16日(土)にダイヤ改正を行います。


★ 新幹線

東海道・山陽新幹線

新型車両N700A系が、山陽新幹線で営業運転を開始します。なお、東海道新幹線では、2月8日から運用開始するそうです。
→オーディオサービス【ミュージックチャンネル】が廃止になります。

現在、500系V編成で運転されている『ひかり441号』が、新たに16両編成に変わります。
運転区間が新大阪(6時03分発)→博多(9時45分着)に拡大します。


★ 在来線(特急列車)


1. 阪和線・きのくに線 

→ 朝の通勤時間帯に、特急くろしお号を増発します。
  列車名:くろしお4号
  運転区間:海南6;16発→和歌山6;26発→天王寺7;23発→新大阪7;51着。
→くろしお2号を、海南始発から和歌山発に変更。車両は283系オーシャンアローにかわります。
→くろしお8号(改正前:くろしお6号)とくろしお27号を、287系に変更。

*287系を追加投入すると書かれていますが、製造してるって話を聞かないのですが・・・。早朝時間帯に、日根野電車区から新大阪へ向けてオーシャンアロー号が回送されていたので、それを有効活用するのでしょうね。スーパーくろしお号も朝~夕方まで寝ている運用があったので、あわせて見直した結果なのかもしれません。


→ 特急はるか8号・10号が臨時に停車していた、日根野駅と和泉府中駅が定期停車に格上げ
 


2. 山陰本線・福知山線

→ 特急『こうのとり』・『きのさき』・『はしだて』に使用されていた183系が引退します。後継ぎは、381系と287系、KTR8000型が担います。
→ 特急はまかぜ号がスピードアップ、5~12分短縮。



★ 在来線(アーバンネットワーク)


1.JR京都線・JR琵琶湖線・JR神戸線(平日)

→ 平日の新快速のうち、12両編成で運転する列車が増えます。
  大阪駅基準で、京都・米原方面は17時以降、姫路方面は16時以降の列車が全て12両になります。ただし、大阪駅始発の列差はは8両のままです。
→ 平日夕方の、大阪駅始発快速(須磨・垂水・舞子通過の外側線快速)が、新快速に格上げされます。
  新設される新快速・・大阪駅17時52分発・18時7分発
  運転取りやめの快速・・・・大阪駅17時31分発・17時46分発

→ 平日の大阪駅始発米原行きの新快速(7時03分発)が、姫路始発(5時57分発)に変更されます。
→京都~高槻間の普通が見直されます。11時~14時は普通が廃止され、3ドア車両のみ15分間隔となります。
→平日朝ラッシュ時の快速・普通が、1本ずつ減便されます。
→205系車両の運用を終了します。


2. JR京都線・JR琵琶湖線・JR神戸線(土・休日)

→ 湖西線近江今津発大阪行き快速を、新快速に格上げします。大阪駅まで6分早くなります。
→ 京都~高槻間を快速として運転している列車(途中長岡京のみ停車)のうち一部が、同区間を普通として運転します。西大路・山崎など通過していた駅から、大阪へ行くのに乗車チャンスが増えて便利になります。
→京都~高槻間の普通が見直されます。11時・12時台に京都発着の普通を増発し、7.5分間隔で列車が来るようになります。ただし、13時・14時台は普通が廃止され、3ドア車両のみ15分間隔となります。


3.福知山線

→平日朝ラッシュ時の快速が、1本減便されます。
→ 土休日の大阪駅7時台に運転されている普通2本が、丹波路快速に格上げされます。
  新設される丹波路快速・・大阪駅7時23分・7時53分
  運転取りやめの普通・・・・大阪駅7時13分発・7時55分発

JR西日本発表】【JR東海発表

2012年9月28日

【近鉄】次世代 新型観光特急「しまかぜ」、来年3月デビュー


近鉄では、来年の3月に新型観光特急『しまかぜ』がデビューします。
全車3列シートで、展望車両・サロン席・和洋風個室、カフェなども備えた超豪華車両です。

駅のポスターより

120929_kintetsu_01.jpg

●運行開始日:平成25年3月21日(木)
●運行区間:大阪難波・近鉄名古屋~賢島
●運行日:水曜日を除く毎日
●編成:形式名不明、6両×2編成

※春休み、夏休み、ゴールデンウィーク、年末年始などは水曜日に運行する場合もあります。


続きを読む "【近鉄】次世代 新型観光特急「しまかぜ」、来年3月デビュー"

2012年9月18日

【京阪】旧3000系特急車の前面をクラシックタイプに変更


9月18日、京阪電鉄では、旧3000系特急車をクラシックタイプに変更すると発表しました。

デザイン変更後の運転開始日は9月29日(土)。それを記念して、オリジナルDVD「旧3000系特急車 ~ラストランに向かって~」の発売も開始されるほか、旧3000系による臨時快速特急も運転されます。


120825.3000.01.jpg



京阪発表



続きを読む "【京阪】旧3000系特急車の前面をクラシックタイプに変更"

2012年7月23日

【近鉄】南大阪・吉野線でラッピング列車運行へ


近畿日本鉄道では、9月8日から開催する「吉野飛鳥 近鉄エリアキャンペーン」にあわせて、記念列車を運行すると発表がありました。

鉄道関係では以下の通りです。

1.ラビットカーのリバイバル塗装車の運行(9月8日(土)~)
2.吉野・飛鳥の風景を描いた吉野線ラッピング列車の運行(10月1日(月)~)
3.吉野駅での記念イベント(懐かしのヘッドマークや写真展示、グッズ販売)(10月28日(日))
4.各種イベント列車


1.ラビットカーのリバイバル塗装車 

かつて南大阪・吉野線で活躍した6800系・6850系『ラビットカー』のリバイバル塗装車が登場します!現在は養老鉄道で、6850系がラビットカラーになって余生を過ごしていますが、この塗装が再び南大阪線を走行するというわけです。懐かしく感じられる方も多いと思います。

運行開始は、9月8日(土)の『吉野線開業100周年記念列車』。11月4日(日)「歌声列車」などでの運行も予定されてるようです。

車両は・・・6020系と思いますが、詳細は分かりません。2両編成の丸屋根車はいないし・・


2.吉野線ラッピング列車デビュー 

吉野・飛鳥の風景を美しく描いた吉野線ラッピング列車がデビューします!キャンペーン期間中は、車内に吉野・飛鳥の美しいポスターが掲出されます。、10月28日(日)「文楽列車」・11月23日(金・祝)「旬彩列車」などでの運行が決定している模様です。

車両は6620系と思われます。

3.吉野線開業100周年記念イベント

10月25日(木)に、 開業100周年記念列車が運行されます。
大阪阿部野橋駅11時20分発の吉野行急行が、ラビットカーのリバイバル塗装車で運行されます。
この日限定の特製ヘッドマークが掲出されます。

10月28日(日) 吉野駅での記念イベント
かつて吉野線で運転していた列車のヘッドマークや懐かしの写真展示会、鉄道グッズ発売
などが行われます。

4.イベント列車

吉野線ラッピング列車、ラビットカーリバイバル塗装車を使った、様々なイベント列車が運行されます。

吉野線開業100年記念列車(9月8日(土))

車庫線など、様々な場所を経由して吉野を目指します。
ラビットカー車内はなつかしの写真が掲出される模様。

●文楽列車(10月28日(日))
●歌声列車(11月4日(日))
●旬彩列車(11月23日(金・祝))

※これらの他にも、ウルトラマン列車、婚活列車、利き酒列車などが企画されているようで、楽しみですね。

近鉄発表

2012年7月 5日

【京阪】旧3000系が25年春に引退

京阪電鉄の旧3000系(8000系8531F)が、平成25年(2013年)春に引退することになりました。
引退に伴い、様々なグッズが発売されます。

01.jpg



続きを読む "【京阪】旧3000系が25年春に引退"

2012年6月27日

【阪急】祇園祭&天神祭のヘッドマーク掲出

阪急電鉄では、毎年恒例の『祇園祭』・『天神祭』にあわせて、ヘッドマーク掲出が行われます。

デザインはリニューアルされ、それぞれの祭りを象徴するイラストが描かれています。

神戸線・宝塚線・京都線の各路線を走る、8列車に掲出される予定です。


デザインの詳細は【レールファン阪急】を参照。

掲出期間:

祇園祭:7月02日~17日・・・全路線
天神祭:7月18日~25日・・・全路線


レールファン阪急


2012年6月22日

【京阪】七夕関係のイベントを開催


京阪電車では、7月7日の七夕に向けて、様々なイベントを開催します。


★ 七夕Station2012 ★

開催期間:7月1日(日)~7日(土)

1.七夕Station2012

  京阪線全駅にて笹を展示し、短冊に願いことを書いて飾り付けができます。
  展示終了後は、「機物(はたもの)神社」に奉納され、祈願していただけるそうです。
  *大津線では、6月20日(水)~7月7日(土)に開催されます。

2.特別ヘッドマーク掲出

  京阪線の7200系・10000系・13000系の各1編成3列車に、
  『七夕Station』のヘッドマークを掲出します。




★ 織姫☆彦星 七夕の出会いイベント ★

開催日:7月7日(土)

1.ひこぼしとおりひめの出会い

  今回は、ヘッドマークが掲出された電車が出会うのではなく、
  ゆるキャラの『ひこぼしくん』と『おりひめちゃん』が、私市駅で出会います。
  それぞれのキャラクターが電車に乗って、ごあいさつされる模様です。

2.ラッピング電車

  運転期間:7月7日(土)~8月26日(日)  

  10000系第1編成に、 『ひこぼしくん』と『おりひめちゃん』 をデザインしたラッピングが
  施されます。 また、両者の絵柄が描かれた特別ヘッドマークも掲出されます。

2012年6月15日

【近鉄】『伊勢志摩ライナー』をリニューアル


6月15日、近畿日本鉄道は23000系『伊勢志摩ライナー』をリニューアルすると発表しました。
今回のリニューアルは、平成25年(2013年)の伊勢神宮式年遷宮にむけたものです。
23000系『伊勢志摩ライナー』は平成6年にデビューしましたが、それ以来18年ぶりのリニューアルになります。
23000系『伊勢志摩ライナー』は、現在6編成6両(合計36両)が運用されています。
8月4日(土)に、第1編成(赤色)がデビューし、全編成が1年かけて順次リニューアルされる予定になっています。


以下はリニューアルの主な内容です。


★ 外観 ★

現在の外観は6編成とも黄色ですが、3編成は赤色に変更します。
これは、伊勢志摩の太陽をイメージしたものです。

★ 車内 ★

内装を木目調に変更します。

デラックスシート車→シート生地にベージュの織物を採用
            壁面は伊勢志摩産の真珠を用いた装飾品を配する。
            コンセントは各座席に一つずつ。

サロンカー車→ハイバックシートの座席表布にピンク系のシート生地を採用
         天然木の大型テーブルを設置
         コンセントは各ボックスに2つずつ

レギュラーカー→シート生地を「伊勢志摩の海のさざ波」を表現した4種類の青色に変更
          コンセントは2席に1つ。


★ 車内設備 ★

編成中の全トイレを温水洗浄便座に変更
車椅子対応の多目的トイレを2号車に設置、
3号車に喫煙室を設置→全席禁煙に変更




近鉄発表資料】←リニューアル内容・新ロゴなどの詳細はこちらへ

2012年3月23日

【阪急・大阪市交】大阪・兵庫各地から嵐山への臨時列車運転


阪急電鉄と大阪市交通局は、春秋の行楽シーズン恒例となった嵐山行きの臨時列車を運転します。
『さがの』等のヘッドマーク掲出があるかは不明です。

2011年5月14日に運転された 梅田行き快速特急『さがの号』 撮影地:淡路駅近辺にて 


110514.awaji_sagano.jpg




続きを読む "【阪急・大阪市交】大阪・兵庫各地から嵐山への臨時列車運転"

2012年3月23日

【阪急】さくらのヘッドマーク掲出 (2012年)


阪急電鉄では桜の季節にあわせて、先頭車への『さくら』ヘッドマーク掲出が行われています。
これは毎年恒例の掲出となっていて、今年は3/21(水)~4/15(日)の間となっています。
掲出終了間際になると、ヘッドマークを外しだすので、早めの撮影をお勧めします。

ヘッドマークのデザインは昨年・一昨年と同じ。


HMを掲出した9300系9307F。 水無瀬駅にて (昨年の写真です。)

110318.hankyu.10.jpg

* 詳細は【レールファン阪急】へ。

2012年3月23日

【京阪】13000系デビュー日決定&ギャラリートレイン運行


京阪電鉄の新型車両『13000系』のデビュー日が4月14日(土)に決定しました。
同日より1年間、『宇治・伏見、水と歴史の、まちめぐり。』キャンペーンが行われます。

このキャンペーンにあわせて、13000系ギャラリートレインが運行されます。
車内に宇治・伏見の四季折々の風景写真が展示されるほか、外観にステッカー・ヘッドマークの掲出も行われます。

さらに、4月14日(土)には、中之島から宇治まで13000系ギャラリートレインの臨時運行があります。

運行区間・・中之島11;11発→宇治12;15着
停  車 駅・・・天満橋・京橋・中書島~宇治間の各駅

中之島線の途中駅通過は初めてではないかと思われます。
宇治駅到着後は14;26までホームで展示されるほか、駅外でグッズの販売会・イベントも行われます。

京阪発表


関連記事:【京阪】新型車両13000系を20両製造へ
1   2   3