鉄道トピックス写真館撮影日記旅行・レポート特集サウンド&ムービー館運用情報コミュニティ

タグ「イベント」 の検索結果(1/4)

1   2   3   4   

2018年8月16日

【京都市交】京まふ号運転!(2018年)


京都市営地下鉄烏丸線では、9/15・16に開催される『京都国際マンガ・アニメフェア 2018(略称:京まふ 2018)』のPR及び、地下鉄の利用促進を図るため,「京まふ号」を運転しています。

「京まふ号」は、『京都国際マンガ・アニメフェア 2018』出展作品で車内外を装飾しているのが特徴です。
車内には、出展作品のアニメがあらゆる場所に装飾されており、気分が盛り上がる仕掛けです。車外にもアニメの装飾が施され、それぞれの作品に登場するキャラクターが貼られています。

烏丸線車両10系6両編成のうち、アニメ装飾されているのは、竹田側の2両のみとなっています。
今年の担当編成は、リニューアル改造を受けた1119Fです。

「京まふ号」の運転は、10月26日(金)までの予定となっています。



20180814_01.jpg

続きを読む "【京都市交】京まふ号運転!(2018年)"

2018年5月21日

【京阪】『キテ・ミテ中之島2018』ヘッドマークを掲出


京阪電鉄では、大阪の中之島で開催される『キテ・ミテ中之島2018』のPRのためヘッドマークを掲出しています。

掲出編成・・

2400系 2455F (前照灯LED)

掲出期間は、5月19日から6月24日までです。


20180521_01.jpg

キテ・ミテ中之島会期中は、中之島線の駅構内に大きなアート作品が展示されます。
(写真は昨年、大江橋駅に展示されたもの)

20180521_02.jpg



2018年4月 7日

神戸高速線開通50周年記念イベント・キャンペーンを実施


神戸市内の私鉄各ターミナルをを結ぶ神戸高速鉄道は、1968年(昭和43年)の開通から50周年を迎えることを記念して、企画乗車券などのグッズ販売、スタンプラリー、ヘッドマークの掲出などを行います。

-----------------------------------------------------------

神戸高速線とは・・

神戸市内に乗り入れていた、阪急電鉄・阪神電鉄・山陽電鉄・神戸電鉄はそれぞれ市内各地にターミナルを構えていました。、神戸高速鉄道は、それをつないで神戸市内の東西・南北移動をスムーズに実現させることを目的とした路線です。阪急は三宮駅から、阪神は元町駅から、山陽は西代駅から(西代~兵庫間は廃止)、神戸電鉄は湊川から、それぞれ神戸高速線内へ乗り入れしています。新開地では4社の車両が乗り入れることになりました。

------------------------------------------------------------

20180407_06.jpg

★記念ヘッドマーク

神戸高速線開通50周年を記念したヘッドマークは、神戸高速に乗り入れる、神戸電鉄・山陽電鉄・各社共通のものとなっています。

ヘッドマークには、神戸高速の社章と各4社の車両が上部に配置され、中央部には路線図を模した各社の名称が配されています。下部には、オリジナルの50thのイラストと、神戸高速線開通50周年 1968-2018の文字が入っています。

背景が緑デザインのもの

各社の車両は、最新型の車両が描かれています。

神戸電鉄・・6000系
山陽電鉄・・6000系
阪神電鉄・・1000系
阪急電鉄・・1000系

20180407_03.jpg

背景が赤デザインのもの

各社の車両は、過去に活躍した車両が描かれています。
恐らく神戸高速が開通した50年前の車両と思われます。

神戸電鉄・・1000系
山陽電鉄・・3000系
阪神電鉄・・3700形?
阪急電鉄・・5000系(奇しくも50周年HM掲出中!5000系50周年の記事はこちら)

3710形以外は、塗装や更新工事でデザインが変わってはいるものの、すべて現役で活躍しています。

20180407_04.jpg




20180407_01.jpg




20180508_01.jpg




20180505_sy02.jpg




20180600_kobekosoku50th_03.jpg

2018年2月25日

【京阪】大津線駅名変更記念ヘッドマークを掲出


京阪電車では、3月17日(土)に大津線(京津線・石山坂本線)でダイヤ改正されるとともに、浜大津駅・別所駅・皇子山駅・坂本駅が名称変更されることになっています。それを記念したッドマークを、京阪本線・大津線の一部車両に掲出しています。その他に、駅名変更記念1日乗車券や記念グッズの発売なども行われます。


>>変更される駅名は以下の通りです。

・浜大津駅→びわ湖浜大津駅
・別所駅→大津市役所前駅
・皇子山駅→京阪大津京駅
・坂本駅→坂本比叡山口駅

掲出編成は以下の通りです。

京阪線・・2200系2226F、7000系7001F・7003F
大津線・・800系809F、600形601F




駅名変更のヘッドマークです。
坂本ケーブルのケーブル延暦寺駅横の展望台から見た、大津の市街地の俯瞰写真ですね。
新色の600形の写真も入っています。

20180225_04.jpg

京阪本線 7000系7001F

20180225_01.jpg

京津線800系809F

20180225_02.jpg

石山坂本線600形601F

20180225_03.jpg

2017年12月23日

【叡山】えいでん・NEWGAME!コラボフェスタ2017が開催される


12月23日、叡山電車八瀬比叡山口駅にて、『えいでん・NEWGAME!コラボフェスタ2017』が開催されました。
これは、以前より行われている叡山電車の展望列車きららと、芳文社発行のまんが雑誌『まんがタイムきらら』のつながりによるコラボ企画の一環です。今回は、2015年3月より続いていた『NEWGAME!』とのコラボレーション企画が12月24日(日)で終了するのに伴い開催されたものです。

八瀬比叡山口駅2番線がイベント会場となり、NEWGAME!』コラボ車両の722号車を展示しました。車内では、過去に掲出した様々な車内ラッピングが展示されたほか、車外の行先表示器と駅名看板は2016年5月に行われたコラボフェスタの時と同じく、『イーグルジャンプ前』・『NEW GAME!』が表示されました。また、NEWGAME!』のオープニング曲などの映像を屋根に投影するなど、かなり力の入った内容でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八瀬比叡山口で並ぶ、デオ711とデオ722。デオ722は「NEWGAME!×叡山電車」ラッピング編成です。右側のデオ711とともに、一定時間ごとに過去掲出したヘッドマークに差し替えていました。

20171223_eiden01.jpg

八瀬比叡山口で並ぶ、デオ721とデオ722。デオ721は「ブレンド・S」ラッピング編成です。ブレンド・Sもコラボ企画が12/24で終了しますが、イベント開催日である12月23日は、メンバーの星川麻冬さんの誕生日だったようで、途中から1日限定の誕生日記念看板に差し替えられました。

20171223_eiden02.jpg

20171223_eiden03.jpg

20171223_eiden04.jpg

20171223_eiden05.jpg

なんと、『NEW GAME!』のオープニング曲やエンディング曲などのアニメ映像が、駅の屋根に投影されていました!
通路にあるベンチに座りながら見上げることができたのです。これはユニークな企画ですね!

20171223_eiden06.jpg

2017年11月23日

【山陽】3000系トップナンバー編成がラストラン


11月23日、山陽電鉄の3000系3000号編成(トップナンバー編成)が、ラストランを迎えました。1964年の製造から今年で53年となり、半世紀以上走り続けたことになります。また、日本初のオールアルミ合金車体であることが評価され、ローレル賞を受賞しています。

3000系は最近まで安泰としていましたが、ここ最近は、新型の6000系に徐々に置き換えが進んでいます。

当日は引退を記念したイベントが催され、3000号編成に姫路~明石~東二見と乗車して、東二見車庫で撮影会が行われるプランとなっていました。

2017_sanyo3000_01.jpg

2017_sanyo3000_02.jpg

当日限り掲出されたヘッドマークです。
ローレル賞を1965年に受賞したことと、さよなら3000 1964~2017の文言入りです。

2017_sanyo3000_04.jpg


鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。

鉄道コム

2017年10月28日

吹田総合車両所が一般公開される(2017年)


10月28日、JR西日本の吹田総合車両所が一般公開されました。
場内では、車両展示・鉄道グッズの販売など、鉄道に関する様々な体験型イベントが催されました。


車両展示で注目を集めたのは、環状線・大和路線・阪和線で運用されていた103系3色並び、201系&323系の並び、ジョイフルトレイン『あすか』・寝台特急『トワイライトエクスプレス』車両の展示でした。

今年も並んだ、3色の103系です。左から、森ノ宮区LA04編成(843-802)、日根野区HK605編成(835-842)、奈良区NS618編成(241-242)でした。


20171028_01.jpg

オレンジ103系(LA04編成)の前には、ありがとう大阪環状線103系のプレートも置かれました。運番は最終運用となった07Mのままでした。


20171028_02.jpg

201系と323系の並び。201系はLB05編成(89-89)の先頭車1両のみ、323系はLS11編成となっています。今、大阪環状線で見ることができる並びがここ吹田でも実現しています。323系の種別幕がなぜか[О]関空紀州路快速となっておりますが、分割併合できないのになぜこの種別を出せるのか疑問であります。

20171028_03.jpg

展示の左端に置かれたこの201系は、元森ノ宮区の LB08編成(93-93)です。
塗装変更の上、奈良区に転属する模様です。サハはどこへ行ったのでしょうか。。

20171028_04.jpg

20171028_05.jpg

クモヤ145に連結されていた、森ノ宮区103系(LA04編成)のモハユニット2両(モハ103-773?+モハ102-2030)です。

20171028_06.jpg

トワイライトエクスプレスの24系客車もまだ解体されてなかったようで、その姿をまた見ることができました。

20171028_07.jpg

ジョイフルトレイン『あすか』もまだ残っていました!
右はおなじみ事業用車『U-TEC』とクモヤ145系。
U@tech』は本線で走る機会はないのでしょうか。。

20171028_08.jpg

『あすか』の裏に、なんと381系がひっそりと隠れていました。
意外と廃車車両が残っててうれしい限りでした。

20171028_09.jpg


鉄道コムのブログランキングです。ぜひクリックをお願いいたします。

鉄道コム

2017年10月 1日

【京阪】80形復刻塗装車使用の団臨が運転される


10月01日、京阪大津線(京津線・石山坂本線)で、700形(701-702号車、80型復刻塗装車編成)使用の団臨が運転されました。この団臨は、『大津の京阪電車を愛する会』が主催したものです。

運転経路は四宮→浜大津→石山寺→近江神宮前で、懐かしの京津線区間を走行するのが最大のポイントです。なお、近江神宮前到着後は隣接している錦織車庫で撮影会も催された模様です。

700形701-702号車には、80形復刻塗装車ヘッドマークの他に、貸切電車撮影会のHMも併せて掲出され、ダブルヘッドマークとなりました。


かつて準急として運転していた、京津線を走る700形。
懐かしい光景がよみがえってきました。

2910_keihan80_04.jpg


四宮駅の引上げ線。昔はここで80形が折り返していた場所です。
京阪京津線の三条~御陵間が地下化(地下鉄東西線)されてから10年になります。


2910_keihan80_01.jpg


石山寺から近江神宮前へ向かう。


2910_keihan80_05.jpg

今回のイベントの特製ヘッドマーク。
懐かしの80型の写真入りとなっており、編成の前後で異なるデザインのものでした。

2910_keihan80_02.jpg

2910_keihan80_03.jpg

2017年9月24日

【貨物】EF66 27に、第24回貨物フェスティバル告知HMを掲出


JR貨物では、10月21日(土)に広島車両所で開催される『第24回貨物フェスティバル』に合わせて、告知ヘッドマークを掲出しています。HM掲出は毎年恒例となっていて、寝台特急などに掲げられていたHMのデザインを模したものとなっています。

吹田機関区では、EF66 27に告知HMが掲出されました。

ヘッドマークは、懐かしのスーパーライナーを模したデザインに、『第24回 JR貨物フェスティバル 2017.10.21 広島車両所公開』の文言が入っています。このデザインは、第20回目の開催をPRするHMと同じです。

・光学ズーム+デジタルズーム併用

201709_ef6627-hm_00.jpg

・EF66 27のパンタは下がっていましたが、あえて貨物駅らしい風景で撮ってみました。

201709_ef6627-hm_01.jpg


2017年9月14日

【泉北】『せんぼく トレインフェスタ2017』告知HMが掲出される


泉北高速鉄道では、10月7日(土)に光明池車庫で『せんぼく トレインフェスタ2017』を開催します。
それに合わせて、イベントを告知するヘッドマークを、一部の車両に掲出しています。ヘッドマークには、『せんぼく トレインフェスタ2017』の文言と、キャラクターせんぼくんが描かれています。


掲出編成・・
7020系 7523F~7571Fの8両編成、
3000系   (未撮影)



泉北7020系。正面と側面にステッカーが貼られています。

2017_sennboku_02.jpg

2017_sennboku_01.jpg

2017年9月 9日

【京阪】石山坂本線で『ビールde電車2017』が運転される


9月9日、京阪石山坂本線で、『ビールde電車2017』が運転されました。
今年で8回目の開催を迎える、毎年夏の恒例行事となっています。今夏は8月26日にも行われています。

今年は派手なラッピングは行わず、700形701-702編成(80型復刻塗装編成)を使用しました。
運転経路は、昼便が浜大津→石山寺→坂本→浜大津、夜便が浜大津→坂本→石山寺→浜大津となっています。

20170909_01.jpg

20170909_02.jpg

2017年8月19日

【大阪市交】大阪市営交通114周年展示が行われる【本町編】


大阪市営交通が創業から今年で114周年を迎えることを記念し、御堂筋線本町駅のコンコースでも、大阪市営地下鉄114周年展示が行われていました。
場所は、本町駅改札内コンコースの突き当り(最近新設した階段付近)です。

2面に分かれて展開されており、左側に廃車になった車両の車番と、中央線20系・四つ橋線23系の模型が置かれています。右側には全国のバス模型と、中央線車両の方向幕が展示されています。

最近まで、このような状態でしたが・・

290800_hommachi_00.jpg


ここ数日中に手入れされたようで、少し変化がありました。
行ってみると。。。

続きを読む "【大阪市交】大阪市営交通114周年展示が行われる【本町編】"

2017年3月12日

JR東西線開業20周年記念列車が運転される


3月12日、JR東西線で、JR東西線開業20周年記念列車が運転されました、
これは、1997年3月12日にJR東西線が開業して20周年を記念したものです。

車両は321系D5編成が起用され、編成の前後に特製ヘッドマークが取り付けられました。
321系にヘッドマークが掲出されるのは初めてのことになります。
運転区間は、放出~(回送)~京橋~甲子園口間で運転されました。

その他、東西線開業20周年を記念したイベントが、北新地駅で行われていました。


JR東西線では、パンタグラフをもう1基上げて運転します。
その姿を尼崎駅で撮影しました。

290312_01.jpg



290312_02.jpg


掲出された特製ヘッドマーク。
春といえば桜。大阪造幣局の桜の通り抜けをイメージしたデザインになっていますね。
地下を走るJR東西線もしっかり描かれています。

290312_03.jpg

続きを読む "JR東西線開業20周年記念列車が運転される"

2017年2月27日

【近鉄】『1810系重連満喫ツアー』が開催される


2月26日、近鉄名古屋線・山田線・鳥羽線・志摩線・大阪線で、1810系(電略記号:H)を使った『1810系重連満喫ツアー』が開催されました。これは、1810系が登場から50年になったことを記念するものです。

1810系は、1967年に登場し43両が製造されています。
現在残っているのは、2両編成が2本(富吉)と、中間車2両(高安)のみとなっています。

今回のツアーでは、1810系に単に乗車するだけではなく、普段は入線しない志摩線・大阪線で重連シーンを撮影できるのが大きなポイントとなっています。

ツアー経路は、桑名→(1810系乗車)→中之郷~(鳥羽水族館付近で撮影)~中之郷~五十鈴川→(1810系乗車)→伊勢中川~(普通列車で移動)~伊勢石橋(撮影)~(普通列車で移動)~伊勢中川→(1810系乗車)→桑名となっていました。


*九鬼公園(鳥羽城址)から俯瞰する1810系重連。

280226_01.jpg


志摩線内の駅で折り返して、五十鈴川へ行く1810系を後追い撮影。
タイミングよく、観光列車『つどい』も顔を出しました。


280226_02.jpg


伊勢中川の引上げ線で一度待機する1810系重連。


280226_03.jpg


伊勢石橋の雲出川鉄橋を渡る、1810系重連。


280226_04.jpg


桑名駅北方にある引上げ線で待機する1810系重連。


280226_05.jpg


今回のツアーヘッドマーク。

280226_06.jpg

2016年10月29日

吹田総合車両所が一般公開される


10月30日、JR西日本の吹田総合車両所が一般公開されました。
場内では、車両展示・鉄道グッズの販売など、鉄道に関する様々な体験型イベントが催されました。

車両展示で注目を集めたのは、環状線・大和路線・阪和線で運用されていた103系3色並び&混結、ジョイフルトレイン『あすか』・寝台特急『トワイライトエクスプレス』車両の展示でした。
他には、リニューアル中の221系の車内見学コーナーもありました。



281029_01.jpg

先日回送された、森ノ宮支所の103系SA1編成先頭車クハ103-830。
後ろには、日根野支所のクハ103-249+奈良支所のクハ103-223?+クハ103-224が連結され、3色混結となっています。(陰で暗くなってます。すみません・・)

また、別の個所にも103系の3色混結が1編成ありました。

281029_02.jpg

寝台特急トワイライトエクスプレスの客車に、ジョイフルトレイン『あすか』、福知山区の381系などが展示されています。トワイライトエクスプレスの前には、特製の看板が置かれていました。
この場所の反対側にも、『あすか』や『トワイライトエクスプレス』の客車が展示されていました。

281029_03.jpg


在来線用技術試験車「U@tech」、クモヤ145、381系が展示されていました。


281029_06.jpg


他には、リニューアル中の奈良支所221系NB801編成(221-41)の車内見学コーナーがありました。
塗装ははがされ、窓や照明などもすべて撤去。車内は座席やつり革等を含め一切ありません。
車両に乗ってるという感じがしませんでした。

281029_05.jpg

281029_07.jpg

2016年10月23日

【近鉄】『新カラーリング塗装特急車両 撮影会ツアー』が開催される


10月23日、近鉄大阪線・名古屋線で、『新カラーリング塗装特急車両 撮影会ツアー』が開催されました。

大阪上本町および名古屋から貸切列車に乗って青山町車庫へ向かい、撮影を行うツアーです。このツアーでは、大阪上本町・名古屋から30000系もしくは12410系の新カラーリング塗装を施した特急車両で青山町車庫へ向かい、両編成並びを撮影できるという内容です。

大阪発の往路は30000系ビスタカー(V09編成)、名古屋発の往路は12410系サニーカー(NN13)で、復路はその逆となっていました。

当日の大阪発は、何らかの事情で30000系ビスタカー(V02編成)に変更になっていましたが、青山町車庫で所定の(V09編成)に差し替えられるというハプニングもありました。


281023_01.jpg

281023_02.jpg


30000系ビスタカーに掲出されたHM。


281023_03.jpg


12410系サニーカーに掲出されたHM。


281023_04.jpg


撮影会のスタートは新旧並びになっていました。


281023_05.jpg

2016年9月28日

【泉北】『せんぼく トレインフェスタ2016』告知HMが掲出される


泉北高速鉄道では、10月15(土)に、光明池車庫で『せんぼく トレインフェスタ2016』を開催します。
それに合わせて、イベントを告知するヘッドマークを、泉北線の車両及び南海本線と高野線の一編成ずつに掲出しています。

泉北線・・7020系 7524F、3000系の一部編成の模様です。
南海線・・9000系 9513F
高野線・・未確認ですが、6200系 6553Fに掲出されている模様です。

なお、イベント当日には、難波から光明池までラピートが走る予定となっています。


泉北7020系。正面と側面にステッカーが貼られています。

280925_10.jpg

南海本線9000系

280925_12.jpg

トレインフェスタ2016の告知ステッカー。
鉄道むすめの和泉こうみさんも描かれています。

280925_11.jpg

2016年9月27日

【南海】『電車まつり2016』告知HMが掲出される


南海電鉄では、10月29日(土)に、千代田工場で『南海電車まつり2016』を開催します。
それに合わせて、イベントを告知するヘッドマークを、南海線と高野線の一編成ずつに掲出しています。

南海線・・9000系 9511F
高野線・・6200系 6551F

280925_14.jpg

280925_15.jpg


280925_16.jpg

2016年5月29日

【京阪】8000系使用の『良縁列車』が運転される


4月18日、京阪本線枚方公園→天満橋間で、『良縁列車』が運転されました。
これは、婚活イベント『良縁列車がつなぐ 新緑デートinひらかたパーク&天窓から陽光降り注ぐリバースイート大阪』の開催によるものです。

当日は、ひらかたパークで園内を楽しんだ後、良縁列車に乗って、リバースイート大阪で婚活パーティが行われるという内容でした。

車両は8000系8002Fが充当され、
伝統の鳩マークを模した、良縁ヘッドマークが掲出されました。


香里園で撮影しようとしたら、なぜか待避線側へ・・・。

280529_01.jpg

2016年5月 5日

【叡山】えいでん きららコラボフェスタが開催される


5月3日、叡山電車八瀬比叡山口駅にて、『えいでん きららコラボフェスタ』が開催されました。
これは、以前より行われている叡山電車の展望列車きららと、芳文社発行のまんが雑誌『まんがタイムきらら』のつながりによるコラボ企画の一環です。

今回は、八瀬比叡山口駅2番線がイベント会場となり、叡山電車と『まんがタイムきらら』でコラボ企画を行ったアニメのヘッドマーク全種類を広場にて展示したほか、駅名看板もコラボ企画を行っているアニメバージョンに変えられていました。2番線には、新たにNEWGAME!×叡山電車のラッピング列車となったデオ724も展示されました。車内はNEWGAME!のTVアニメ放送バージョンに変更されています。イベント開催中は、『けいおん!』やイベントの企画HMなど様々なアニメのHMを交換しながら掲出していました。

さらに、出町柳~八瀬比叡山口を運行する列車(3編成です。デオ712「えいでんまとい号」・デオ723「NEWGAME!×叡山電車」・デオ722「三者三葉×叡山電車」)がすべてアニメのHMを掲出し、力の入った内容でした。


八瀬比叡山口で並ぶ、デオ723とデオ724。どちらも「NEWGAME!×叡山電車」ラッピング編成です。右側のデオ724は、けいおん!のHMを掲出していました。さらに、行先表示は「NEWGAME!」に登場する架空のゲーム会社『イーグルジャンプ』にちなんで、『イーグルジャンプ前』となっていました。

280503_01.jpg



続きを読む "【叡山】えいでん きららコラボフェスタが開催される"

1   2   3   4